リデュースの妊婦や赤ちゃんへの悪影響

 

リデュースが妊娠中に与える影響を心配している女性も多いでしょう。ここではリデュースの妊婦・赤ちゃんへの影響を説明いたします。

 

リデュースは有効成分として知られるジブトラミンの働きによって食欲を抑制し、代謝を促進することで脂肪を燃焼させやすくする医薬品です。この薬には多くの他の肥満治療薬に見られる「原発性肺高血圧のリスク」が格段に低くなっているため、肥満治療薬の中では直接的な影響は比較的少ないお薬の部類に入れる人もいます。

 

しかし、ジブトラミンの「食欲抑制の効果」が実は問題なのです。妊娠中は、お母さんと赤ちゃんの二人分の栄養素が必要な時期です。当然多くの食事が必要になるわけですが、食欲が抑えられるために食事回数が減ったり、1食の量が極端に少なくなったりして、必要な栄養がいきわたらなくなるのです。母親の体に十分な栄養が行き渡っていなければ、当然お腹の赤ちゃんにも悪い影響を与えます。

 

また、リデュースには、ついつい中毒的に使用してしまったり、服用後も極度に低カロリーな食事を取り続けることでガリガリにやせ細ってしまう例も多いです。子供を産んだ後、二人目を、となったときにやせ細っていると、妊娠率は格段に低くなってしまいます。

 

さらに、母乳にはお母さんの摂取したものがそのまま出てきます。リデュースを服用してしまうと、その成分が母乳を通じて赤ちゃんに投与されてしまう恐れがあるのです。リデュースは脳に働きかけ食欲を抑制する薬ですから大人が飲んでも少なくない副作用が出ます。ましてやそれを小さな赤ちゃんが飲んでしまったらその影響は計り知れません。赤ちゃんの体重が増えにくく成長しにくい体質になったり、背が伸びにくいなどさまざまな後遺症に悩むことになるかもしれません。

 

妊娠中、授乳中はリデュースの使用をやめた方が母子双方にとってはるかにいい影響が出ることになります。もともとリデュースは病院で処方される薬ではありませんが、妊娠中は個人輸入などの手段で購入するのも絶対NGと言えるでしょう。

 

リデュースによる生理不順などの重い症状が出ることもある

 

妊活中は妊娠もしてないし授乳中でもないんだから、リデュースを飲んでもいいんじゃないの? そんな風に思われる方がいるかもしれません。

 

まず最初に、妊活とダイエットは並行することはできません。
ダイエットにより身体が栄養不足になると妊娠しにくい体になってしまいます。リデュースはむりやり食欲を抑える薬ですから、体が栄養を求めていてもその食欲自体を抑えこんでしまうからです。本当はさまざまな栄養が必要なのに、頭が食欲を感じなくなって極端な栄養不足に陥ってしまうのです。

 

また、ダイエットのし過ぎで生理不順になったというケースも多々有ります。
妊活をしたいのであれば、平行してダイエットをすることなど考えずに、妊活に集中することをおすすめします。