リデュースの併用禁忌の医薬品まとめ

 

リデュースに含まれるジブトラミンには、併用禁忌の医薬品が多くあります。ここでは主な併用禁忌の医薬品とその理由を解説します。

 

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)


フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリン、エスシタロプラム

 

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、抗うつ剤として使用される医薬品です。シナプスのセロトニン再吸収に作用することで、うつ症状や抗不安作用などを発揮します。

 

ところが、リデュース(ジブトラミン)にもセロトニン再取り込み阻害効果があるため、SSRIと併用すると過剰に作用し、致命的なセロトニン症候群が起こることがあるのです。

 

セロトニン症候群

体温の上昇、異常発汗、緊張、高血圧、心拍数の増加、吐き気、下痢などの自律神経症状、混乱、興奮、錯乱、頭痛、昏睡などといった精神症状が起こり、最悪の場合生命の危険に及ぶ。

 

モノアミン酸化酵素阻害(MAOI)


オーロリックス、セレギリン、モクロベミド、ハルミンなど

 

MAOIはパーキンソン病や抗うつなどに利用される医薬品で、リデュースと併用するとSSRIと同じくセロトニン症候群のリスクがあります。

 

血圧・心拍数を上げる医薬品


エフェドリンなど

 

血圧や心拍数を上げる作用のある医薬品は、リデュースとの相性が悪く、併用は推奨されません。例えば多くの治療薬に使用されているエフェドリンには血圧・心拍数を上げる作用があるので併用は危険です。

 

リデュース併用禁忌薬の総評

 

SSRIやMAOIはともかく、血圧を上げたり心拍数をアップさせる効果のがる「エフェドリン」は風邪薬ぜんそく治療薬などに含まれる非常に一般的な成分となるため、併用を避けるのは困難です。何がOKで何がNGかを判断するのは非常に難しいので、リデュースを服用する場合は、他の薬は服用するべきではないというべきでしょう。

 

>>価格は?最安値はどこで買える?

 

リデュースの正しい飲み方については↑をご覧ください。