リデュースが効かなくなった!なぜ?どうすればいい?

 

リデュースを使っていて、あるとき「なんか、効かなくなった…?」「食欲が落ちない!」と思う瞬間が来た人がいるかもしれません。実は、こういったリデュースの効果の減少はよくある話です。

 

ここでは、その原因と対策を解説します。

 

リデュースの効果が落ちる原因は「耐性」

 

リデュース(シブトラミン)には食欲抑制効果がありますが、どうして食欲が落ちるかと言うと脳内のセロトニン・ノルアドレナリンの再取り込みを阻害するからです。つまり、いわゆるSNRIと呼ばれる医薬品と似た作用を持っているということです。うつの治療をしている人にとっては、SNRIは身近なものかもしれません。

 

そして、SNRIには依存性・耐性形成があることが予想されています。依存性は「その薬に依存する」ということで、耐性は「だんだん効かなくなる」ということを示しています。リデュースの服用を続けていくうちに、この「耐性」が出てきてしまうと、「効かなくなった!」という状況になる可能性があります。

 

ただ、SNRIの耐性についてはよくわかっていない部分も多いです。例えば睡眠薬や抗不安薬に関しては、明確に耐性があることが証明されていますが、リデュースについてはきちんと証明されているわけではありません。とはいえ、服用を続けるうちにだんだん効かなくなる人がいるのは事実で、それが「耐性」のせいではないかと予想できるのです。

 

そうはいっても、耐性の付き方には個人差があって、リデュースの服用を続けていてもずっと効果が持続する人もいるし、1カ月程度で効かなくなってくる人もいます。なので一概には言えませんが、もし効かなくなってきた…と言う場合は、「耐性がついたこと」が主な原因となるでしょう。

 

効かなくなったときのリスク

 

もしリデュースに耐性がついてしまい、効かなくなった場合は、「od(大量摂取)」に注意する必要があります。

 

効かなくなると、「もっと摂取量を増やさないと」と考えてしまう傾向があります。その結果、服用量がどんどん増えてきて、やがてodに至ってしまう可能性があるのです。

 

リデュースは副作用もあるので、服用量が増えるとその分副作用を受けてしまう確率が上がってしまいます。また、極端に服用量が増えすぎると、致死量を超えてしまう恐れもあります。

 

→大量摂取(od)は死亡例多数

 

リデュースのodに関しては、詳しくは↑の記事を参考にしてください。

 

効かなくなったときの対策方法は?

 

リデュースが効かなくなってくると、単に痩せられないだけでなく、大量摂取のリスクなど、さまざまなトラブルが考えられます。

 

  1. 用法・用量を守る・休薬する
  2. 医薬品を切り替える
  3. 健康的なダイエットに変更する

 

なので、↑のような対策方法を取ってみましょう。

 

休薬をする

 

まず重要なのが、用法・用量を守ることです。ダイエットをしていると、どうしてもすぐに痩せたくなって用法・用量を守らず、はじめから多い分量を服用してしまったりします。しかし、服用量が多いと、それだけ耐性がつきやすくなって、すぐに効かなくなることが予想できます。

 

また、医薬品を長期間連用することで耐性がつきやすくなることがわかっています。なので、いったん「休薬」することで、体を服用する前の状態に戻すと、再服用してもまた効果が出ることが期待できます。

 

→飲み方は?服用方法はジェネリックも同じなの?

 

リデュースの用法・用量や、休薬期間については↑で解説しているので、一度見ておいてください。

 

医薬品を切り替える

 

効かなくなるということは、リデュースに対して耐性が付きやすい体質なのかもしれません。その場合、もし休薬などをしても、またすぐに効かなくなる恐れがあります。

 

そんな時は、別の医薬品に切り替えるのも手でしょう。例えば、同じ食欲抑制系の医薬品としては「サノレックス」があります。サノレックスは国内でも承認されているので、病院やクリニックで診察を受ければ処方を受けられる可能性があります。

 

その他にも、ゼニカル(脂肪排出)やリポドリン(食欲抑制サプリ)など、ダイエット系の医薬品・サプリの選択肢はいろいろあります。これらの手段に切り替えたほうがうまくいくかもしれないので、検討してもよいでしょう。

 

健康的なダイエットに変更する

 

休薬して効果を取り戻したとしても、副作用が消えるわけではないので、さまざまな症状に悩まされる恐れはあります。また、別の医薬品に切り替えたとしても、何らかの副作用が出る可能性は消えません。

 

であれば、やはり健康的なダイエット「運動」や「食事制限」によって痩せるのが一番と言えるでしょう。

 

→リデュース【食欲抑制剤の副作用は危険?効果体験談】

 

↑の記事では、リデュース、そして別の方法で痩せた体験談を掲載しています。参考にしていただけると幸いです。

関連ページ

持続時間・半減期は?用事があるときは何日前から服用をやめる?
リデュースの持続時間について解説しています。さらに、リデュースの持続時間から、用事のある日はどうふるまえばいいのかもご紹介します。
食事量の多いときだけ飲むのでOK?
リデュースは継続するものなので、たくさん食べるときだけ飲むというものではありません。空腹時に飲むのが基本なのでピンポイントで使用するのには向きません。
ゼニカルとの違いは?
リデュースとゼニカルはジャンルとしてはダイエット系医薬品ですが、内容は全く異なります。ゼニカルは脂肪排出が目的ですが、リデュースは食欲抑制剤となります。
海外でも購入可能?
リデュースは確かに海外で購入できる場合がありますが、さまざまな注意点があります。薬事法にひっかかってひどい目に合うこともあるので気を付けましょう。
停滞期の対策として利用してもいい?
すでにダイエットをしていたが、停滞期に入ったのでリデュースを使いたいという人もいるでしょう。ここではリデュースを使ったらどうなるかを解説します。
アルコールと併用して大丈夫?お酒との相性はどう?
リデュースを服用している最中に、アルコールを飲むのはあまりおすすめできません。アルコールの鎮静作用が増強される恐れがあるほか、ダイエットの成功率が下がる可能性があるからです。そのため、リデュースをお酒の相性はあまり良くありません。
うつ病になったり、悪化したりすることはある?
リデュースの副作用の中には、「うつ病」というものがあります。そのため、服用中にうつ状態になる可能性はあります。またすでにうつ病を発症している人の場合、リデュースの服用には細心の注意が必要です。
眠れない、寝れない!不眠症対策で睡眠薬を飲んでもいい?
リデュースの副作用の中には、「不眠症」があります。そのため、服用することで眠れない・寝れないといった状態になる可能性があります。その際、睡眠薬を飲んでもいいのかどうかも含め解説します。
カフェイン飲料(コーヒー・お茶など)を飲んでも大丈夫?
リデュースには、不眠などの副作用があり、「カフェイン(コーヒーなど)を飲んでもいいのかな」と不安になる人もいるでしょう。飲んでもいいケース・悪いケースについて解説していきます。
運動したほうがいいの?リバウンド対策になる
リデュースを服用すると食欲抑制効果によって確かに痩せることは多いです。しかし、いつまでも服用できるものではないので、運動を併用することでダイエトをし、リバウンドを防ぐことも重要です。ただ、リデュースの副作用として「息苦しい」などの症状があるときは、運動は要注意です。
低用量ピルとの併用・飲み合わせはどうなの?
リデュースは個人輸入でしか買えないので、低用量ピルとの併用はどうしても自己判断となってしまいます。ここでは、リデュースと低用量ピルの飲み合わせを解説します。
血液検査に影響ある?ドーピング扱いされない?
リデュースを服用することによって、血液検査にどう影響するかを見ていきます。また、リデュースがドーピング扱いされるかどうかについても知っておきましょう。
脱毛や抜け毛につながる可能性はある?
「リデュースを服用すると髪の毛が抜けるのでは?」と心配になる人もいるようです。ここではリデュースと抜け毛の関係を解説します。
肌荒れが出る可能性は?栄養不足にも注意
リデュースを服用することによって、にきびなどの肌荒れが出る可能性は否定できません。また、食欲抑制効果によって栄養が不足気味になり、肌荒れが出る可能性もあります。
むくみやすくなることはある?
リデュースによって、手足などがむくみやすくなる例がわずかながらあるようです。対策方法などを合わせて解説します。